お役立ち

ウェットティッシュのふたは【Bitatto(ビタット)】が優秀でした♡

『ウェットティッシュ』って、使い終わった後にシールをうまく貼れてなくて、気づいたときにはカピカピに乾いていた・・・

てことありませんか?

そんな時に便利なのが

ウェットティッシュにそのまま装着できるフタ『Bitatto(ビタット)』です(^^)/

取り付けカンタン♪

繰り返し使えるのでコスパもいい

フタのおかげでウェット感が長持ち

と中々優秀。


そうそう!粘着力がしっかりあるので、フタをもって持ち上げてもはずれませんでした(b゚д゚*)スゴイッ

フローリングワイパーのシートのフタにもいいかもしれません!

あれもウェットティッシュ同様乾きやすいのでっ( ;∀;)

 

Bitatto(ビタット)の付け方

取り付け方は、

Bitatto本体についている「はくり紙」をはがして、ウェットティッシュの取り出し口の周りに貼るだけです(*ˊ˘ˋ*)

ウェットティッシュとBitattoを用意する

ふたを取り付けたいウェットティッシュ、Bitatto「おしりふき・からだふきのフタ」を準備してください。

 

ウェットティッシュの取り出し口のシールをはがす

ウェットティッシュの取り出し口についているシールをはがします。

シールをはがすとき、慎重にはがしてくださいね( ;∀;)

 

上記のウェットティッシュは、取り出し口シールと本体がくっついてる構造になってたので、シールをはがす時ビリッとやぶれてしまいました。破れた部分をシールで隠してます。

 

Bitattoを裏返して、はくり紙をはがす

Bitattoを裏返してください。

白い部分がはくり紙です。はくり紙を剥がすと粘着部分が現れます。

 

中心の上下に切り込みが入っています。

中心からはがしてください。

▽途中まではがし終えたところ

 

Bitattoをウェットティッシュに貼り付ける

  1. ウェットティッシュのしわを伸ばします。しわを伸ばすことですき間ができるのを防ぎます。
  2. ウェットティッシュの取り出し口に、Bitatto本体を貼り付けます。

Bitatto本体のふたを開けて貼り付けると、位置がわかりやすいです。

 

完成です!

いい感じに完成しました。

取り出した感じは、もう少しウェットティッシュの取り出し口が広い方がいいかなぁと思いました。

▽下記の取り出し口より、広くするのがオススメです(*^^*)

 




Bitattoのちょっと残念だったところ

[push]をそれほど力もいれずにパカッと開きます!

が・・・

開くのですが、上の写真のように約1.5㎝くらいしか開きません。

pushした瞬間に、ガバッと大きく開くのを期待しているならBitattoをオススメしません。

ちなみに、

pusuしたあとに、ちょこっと指の先で押し上げてあげるガバッとあきますよー。

 

 

厚さもちょうどいいので外出先に持ち歩ける♪

右はビタットを使ったウェットティッシュ

左は容器の中にウェットティッシュが入ってます

二つを並べてみました。

だいぶ厚み違いますよね。

容器にいれるやつだと、外出先に持っていくのにはちょっと不向きです。

ビタットならバックにいれても邪魔にならないですね!

わたしは車の中で使いたいので、今から持ち運ぶのわくわくしています!

ハンドルをきれいにするときとか、乗り降りしたときに自分の手を拭きたいっ

 




乾きやすいフローリングワイパーのシートにも!

ウェットティッシュ以外にも、『フローリングワイパー』のシートにもBitattoのフタは使えそうですよね!

試しにフタの部分を合わせてみたら、ウェットティッシュとほぼ同じでした。

今まで使い終わったあとに、ビニール袋とかジッパー付きの袋に入れてたんですよー。

こんなに便利だったなんて…

早く使わなかったのを後悔してます。(←買ってから約3ヶ月ほど放置してました…

 

Bitattoはフタの種類が豊富でした

わたしが購入したのは「ドラックストア コスモス」で、ピンク×紫しかなかったんですよね。

調べてみたら

  • ミッフィーとか
  • リボンの形とか
  • シンプルなグレー

などなど色々あったんで驚きました。

公式を見ると、枠と上蓋が外せるので9通りのカラーバリエーションが可能なんですって。

bitatto公式→https://www.bitatto.com/feature/bitatto/

 

単色よりミッフィーに大興奮しているアラフォーです(*’ω’*)カワイー


「くまのがっこう」バージョンもありますねー

 

終わりに

最近はどこでも手についているであろうばい菌に注意して過ごしています。

特に車の乗り降りで、どうしてもドアノブとか触らなきゃならないので汚れが気になります。

ハンドルとかね、結構汚れているので

車を運転されている方は拭いてみてくださいー。特に車の中で食事しちゃう人(←わたし

Bitattoは粘着力も中々よかったですよ。

ウェットティッシュの乾きや持ち運びに困ってた方はBitatto試してみてくださいねー