お出かけ・熊本

非接触体温計『でこピッと』が買える実店舗は?使ってみた感想など

一般的な体温計を買おうと「ディスカウントドラッグ コスモス」に行ったら、非接触体温計『でこピッと』を見つけました。

パッケージに赤ちゃんが載っていたので、赤ちゃん専用なのか?と思ったのですが、大人も測定できるとのこと!

ちょうど家にある非接触体温計が調子が悪かったこともあり、思わず手に取ってしまいました。

「でこピッと」はディスカウントドラッグ『コスモス』にて販売されていました。売り切れ間近なところもありましたので、興味ある方は体温計コーナーに足を運んでください(*’▽’)

1秒で熱を測れる「でこピッと」!熱のはかり方

 

  • STEP01
    電源をいれる
    ONボタンを押して電源をいれます

  • STEP02
    画面を確認する

    画面が体温計モードになっているか確認します。

    画面左上にキャラクター(体温計マーク)が表示されていればOKです!

  • STEP03
    額の中心に向かってスタートボタン

    1~3㎝離して、STARTボタンを押します。

    測り終わったら「ピーッ」と鳴ります。

    電源は1分後に勝手に切れ、画面には室内の温度が表示されます!

    繰り返し測定する時は、3秒以上待つ

    37.5℃以上の場合、ピピピとお知らせ音が鳴る(通常はピー)

10℃~40度の室温で使用する

でこピッとを、使用する場所の温度に十分なじませるのもポイント!

寒い時、汗をかいた時、化粧をしている時などは低い温度が表示されることがある

寒暖差が激しいと正しく計測できないみたい。15分後に再トライしてみよう

ブザー音は消せます

こっそり家族の熱を測りたい時は、ピー音は消しちゃいましょう。

ブザー音はONボタン3秒長押しで切替えできます。

 

ミュート(消音)になっているかどうかの見分け方は、以下の画面を参考にしてください。

  • 音が鳴らない状態
    画面左上に斜線入りのスピーカーマークが表示される

    画面左上に注目します。

    「斜め線の入ったスピーカーマーク」が表示していれば、音が鳴らない状態です。

    ミュート状態のまま電源が切れると、電源を入れたときに鳴るピピッ音も消えていました!
  • ピッ音が鳴る状態
    画面左上のスピーカーマークが消えているか確認

    画面左上にスピーカーマークがなければ、音が鳴る状態になっています。

    切替えはONボタンを3秒長押ししてください。

    電源オフ状態からは変更できません。ONボタンで電源を入れ、切り替えを行ってください。



でこピッとの販売元は?日本製?

でこピッとの販売元は「株式会社エー・アンド・ディ(AND)」という日本の企業です。

最初、

  • AND(エー・アンド・ディ)という会社を知らなかった
  • 日本製が欲しかったので、パッケージの中国語?を見て中華製という疑問
  • 4000円近くする

ということもあって、その日は買うのを見送りました。

帰宅後、「でこピッと」の販売元を調べてみると、日本の会社で医療機関の機器とかも扱っているメーカーでした(*’▽’)

医療機器認証番号

226AFBZX00169000

 

次回「非接触体温計」を買う時は日本製が欲しかったので、それなら是非とも欲しい。できれば安く…と

すぐさま楽天やアマゾンで探したけれど、コスモスより高めでした( ;∀;)人気なんですね

そんなわけで翌日、コスモスにダッシュで買いに行きました。

 

「でこピッと」は5種類あります

  • ブルー
  • イエロー
  • ピンク
  • くまもん
  • ハローキティ

ちなみに、よく利用する近所のコスモス3店舗チェックしたところ、ハローキティやくまもんバージョンはなく「ピンク」のみ取り扱っていました。

色や柄にこだわりがなく、日本メーカーのが欲しい方は「コスモス」に足を運んでみてくださいね。

 

「でこピッと」は電池で動きます

でこピッと(UT-701)は、ボタン電池で動きます。

最初から1つ付属されているから、開封後すぐに使えますよ!

種類:CR2032

数:1個

 

初めて使う時は透明の「絶縁シート」を抜いてくださいね

 

以前買った他社の非接触体温計は「単4電池2本」で動くやつだったんですが、

えっ?つい2日前新しいのに交換したばかりなんだけど…( ;∀;)

と驚くほどの電池切れがひどかったのですが

「でこピッと」使用8日目

まだ電池残量が満杯のまま、全然減っていません!( *´艸`)すごい!!

電池残量がわかるのもいいですね♪

 

「でこピッと」は3つの温度が測定可能

「でこピッと」は体温計だけでなく、表面温度や室内の温度も測定できます。

 

▼画面表示がかわるので紹介しておきます。

  • 体温計モード

    体温は+34.0℃~+42.2℃まで計測できます

  • 温度計モード

    表面温度は-22℃~ +80℃まで測定できます。

    お風呂やミルクの温度をはかるときに便利♪

  • 室内の温度もわかる


    待機中は室内の温度(+10.0℃~40.0℃)を表示してくれます。

    +10℃~なので、冬場はどうなるのかな?という疑問も残りますが…

体温計モード ⇔ 温度計モードの切り替え方

体温計モードと温度計モードはONボタンを押しながら、STARTボタン押すと切替えできます。

 




わきで測る体温計との誤差は?

でこピッとは、

おでこの表面温度から舌下温を表示します

 

でこピッと(UT-701)は、おでこの表面温度から舌下温を表示します
すべての物質は、温度に相関した赤外線を放出しています。おでこの表面から放出される赤外線量を計測して、おでこ表面の平均温度を外気温に応じて舌下温に換算し表示します。
舌下温は、わきの下の体温よりも少し高いのが一般的です。

引用元:AND|非接触体温計でこピッと(UT-701)より

 

わきの下の体温よりも少し高い」のが一般的だそうで、実際にどんな違いが出るかはかってみました。

▼室温:22.1℃で計測

でこピッと 36.5℃ おでこ
OMRON「MC-246」 36.5℃ 
TERUMO「C202」 36.7℃ 
楽天で購入した非接触型 36.6℃ おでこ

ちなみにOMRONの体温計は、2020年10月15日に買ったばかりのやつで、TERUMOは、もう5年以上は軽く超えて使っている記憶です。

あまり誤差はない!という結果になりました(*’▽’)

 

 

終わりに:でこピッとの感想など

「でこピッと」なかなかイイです。

 

なんか体調おかしいと思ったら、すぐ熱を測りたくなるので、

ONボタンを押して、STARTボタン押すだけで簡単に測れる

というところに気に入りました。

 

手のひらサイズでコンパクトなのも地味にいいです。丸いフォルムでコロンと可愛い。

説明書読んで気づいたんですが、「でこピッと」って自立するんですよ!知らなくて、寝転ばせてました( *´艸`)

使わない時は室内温度を表示してくれるんで、温度計としても役立ちますねー。(冬場はどうなるか気になりますが…)

 

複数人で使う人は関係ないですが、

メモリー機能もあって、最大25回分の記録されます。

体温計モードの時に、ONボタンを押すと「メモリ番号」→「体温」の順番で表示します。

例)ONボタン →(メモリ)1 →(体温)36.5℃ → ONボタン →2→36.6℃…という具合に

 

でこピッとの販売場所について

実店舗では「コスモス」で販売していました!値段を正確に覚えてないのですが(レシート紛失…( ;∀;))、4000円弱で買えます( ..)φメモメモ

近場の3店舗でチェックしたところ、ピンクしか取扱いしていなかったので他の色や柄が欲しい人は楽天やアマゾンでチェックしてみてくださいね(^^)/

ではでは~