現在WordPressのテーマ引越中です。表示が崩れて読みにくい箇所があると思います。

JINからSWELLにテーマを変更|SWELLに変えたら、できることが多くなった

  • URLをコピーしました!

当ブログは、WordPressのテーマをJINからSWELLへ変更しました。

SWELL変更前、「使いこなせなかったらどうしよう」「ブロックエディタ―難しそう…」など色々と不安でした。

しかし、実際に使ってみると、想像以上に使いやすいことがわかり、これまで悩んでいたことは全て吹き飛びました。

今となっては、思い切って変更してよかったというのが正直な感想です。

SWELLのブロックエディタ―は使いやすい!
できることが増えますよ

このボタンもワンタッチで作れました

目次

SWELLとは

SWELLとは、Word Press5.0から導入された「ブロックエディタ―」に完全対応した有料テーマです。

SWELLの概要は以下の通り。

SWELLの概要

スクロールできます
商品名Word Press テーマ SWELL
販売価格17,600円(税込)
支払いは1度限り。
販売元 株式会社LOOS
動作必須環境PHP 7.3 以上
Word Press 5.9以上。(推奨:6.1~)
※ 「必須」環境を満たしていない場合はエラーが発生します。推奨バージョン未満では、ブロック機能が一部使えません。
※ WordPress.comでの動作保証はいたしません。SWELLはインストール型WordPress.org向け商品です。
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari(各最新版)
決済方法クレジットカード(VISA/Master/AMEX/JCB)
※銀行振込での購入は対応不可
ライセンスSWELLはGPL100%テーマです。
ライセンス制限はなく、複数サイトでご自由にご利用頂けます。

SWELLの特徴

SWELLの特徴
  1. 記事が書きやすい。カスタマイズ知識不要。直感的に操作できる!
  2. SWELL独自機能が豊富
  3. サポート充実。不明な点を質問できる会員フォーラムあり🐜
  4. アップデートが頻繁。購入後のアップデートは無料!

【特徴1】SWELLは記事が書きやすい

SWELLは、WordPress5.0から登場した新エディター「ブロックエディター(グーテンベルク)」に完全対応

HTMLやCSS知識がなくても、マウスでポチポチと選んでいくだけで文字の装飾やブログのデザインができます

SWELLのブロックエディタ―は使いやすい

下の画像はブロックエディターの投稿編集画面。

左側の「ブロックエリア」と画面中央の「ブロックツールバー」からコンテンツを選び、右側の「設定エリア」から細かな設定をします。

【特徴2】SWELLの独自機能(ブロック)が豊富

SWELLオリジナルブロックの一例

SWELLの独自機能(ブロック)は豊富。

ブログ運営に役立つ機能や文章装飾が標準で備わっています

ブロックエディターで使えるSWELLの専用機能まとめ

例えば下記の機能は旧テーマにはなかったので、これらの機能を実現させるために「プラグイン」を導入したり「コード」を追加する必要がありました。

  • ステップ機能
  • タブ機能
  • デバイスごとに見え方を変える機能
  • テーブルのカスタマイズ機能
  • 画像をクリックすると拡大表示する機能

タブは切替できます

STEP
梨をかじると
STEP
おいしい

SWELLでは上記の機能がもともと備わっているため、ブロックエリアやツールバーから選ぶだけで実現可能。

おかげで、必要ないプラグインやコードが削除できました

【特徴3】サポートが充実

出典:SWELL公式サイト

SWELLはマニュアルがわかりやすいです。困った時はマニュアルを見ると大体のことは解決できます。

SWELLマニュアル

それでも不明な点があったら、SWELL購入者さん専用のフォーラムで相談することができます。 SWELL開発者さんからの回答が得られる場合もあるそうです。

SWELL会員フォーラム

まだ利用したことはないのですが、こういう場所があると思うと安心できます。

【特徴4】アップデートが頻繁

出典:SWELL公式サイト

SWELLのアップデート頻度は高めです。

だいたい1ヶ月に1回、多いときは2~3回アップデートしています。

購入した時より確実に機能も増えているし、より使いやすく進化し続けていました。

【おまけ】他テーマからの移行も簡単

他テーマからSWELLに移行すると、旧テーマ独自の機能は反映されません。

SWELLの「乗り換えサポートプラグイン」を有効にしている間は、レイアウトの崩れを最小限に抑えてくれるので自分のペースで修正ができます。

他テーマからSWELLへの「乗り換えサポートプラグイン」一覧

SWELLに変更してよかったこと

テーブル(表)ブロックのバリエーションが豊富

旧テーマのブログ作成で困っていたのが「テーブル(表)の作成」。

旧テーマでは、カスタマイズ知識がないと見やすい表づくりが難しかったのですが、SWELLはテーブルのバリエーション豊富なこと、細かな設定ができるので驚きました。

設定エリアから選んでいくだけで、素敵な表がサクサクとできます

デフォルトのテーブル

SWELL仕様に拡張しているので、背景にアイコンを表示させたり、ボタンを設置できます。

横スクロール表示ができる

テーブルが横に長い時は、「横スクロール表示」ができます。

右上に「スクロールできます」というガイドテキストまで表示されます。

テーブルが横に長い時は、「横スクロール表示」ができます。

右上に「スクロールできます」というガイドテキストまで表示されます。

SWELLにはオリジナルテーブルが全部で5種類用意されています。

SWELL オリジナルテーブル

ふきだし作成が簡単になった

JINでは「ふきだし」を作る場合、「吹き出しコード」に出力したい内容を書き換える必要がありました。

JINの「吹き出しコード」

SWELLは「ふきだし」を作るのも簡単です。「ふきだしブロック」を選択後、画像や配置を選択していくだけで完成します。

また、SWELLには「ふきだし」の設定内容を登録できる「ふきだしセット」という便利な機能が備わっています。

登録した「ふきだしセット」は、「ふきだしブロック」を選択するだけで簡単に呼び出せます。

JINには「ふきだしセット」機能がないので、SWELLと同様にする場合はプラグインを導入が必要でした

こんな感じで「ふきだしセット」を呼び出せます

SWELLの便利な機能

デバイスコントロール

デバイスのサイズによって、ブロックの表示を切り替えられます。

  1. スマホから閲覧したとき
  2. パソコンから閲覧したとき
  3. スマホ・パソコン両方同じ表示

ブロック下の余白量

ブロックとブロック間の「余白」を簡単に調節できます。

旧テーマでは余白の調整が難しく悩んでいた機能。簡単に設定できて感動しました

▼ 余白があきすぎてしまってた部分も、「ブロック下の余白量」機能のおかげでバランスよくなりました。

\余白指定なし/

\これは余白0/

SWELLの口コミ

Word Pressテーマ「SWELL」には、以下のような口コミがありました。

スクロールできます

上記のブロックは「リッチカラム」機能を使って作成しました。「横スクロール表示」が設定でき、ガイドテキストも表示される。

SWELLを購入するには

Word Pressの有料テーマ【SWELL】は、SWELL公式サイトから購入できます。

購入すると、テーマをダウンロードできる【 SWELLダウンロードリンク 】と購入者限定パスワードが記載されたメールが届きます。

会員フォーラム「SWELLERS’」のマイページから、本テーマ・子テーマ・デモサイトなどダウンロードできますよ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次