お役立ち

ゆうちょ銀行で開設したNISA口座を解約してきました。マイナンバーカードがない方は注意

ゆうちょ銀行でNISA口座を解約してきた

 

ゆうちょ銀行で開設したNISA口座の金融機関変更手続き(解約)をしてきました。

 

前記事では、

  • NISA口座を他の金融機関に変更する前に手続きが必要な人、不要な人の条件
  • NISA口座の金融機関変更手続きに必要な物
  • NISA口座の金融機関変更手続きができる「郵便局」「ゆうちょ銀行」の見分け方

などを紹介しました。

NISA口座を他の金融機関にうつす場合手続きが必要
ゆうちょ銀行で開設した「NISA口座」を他の金融機関にうつす場合は手続きが必要でした夫婦でゆうちょ銀行に「NISA口座」を保有しています。 現在は完全に投資を休止している状態なのですが、近々「積み立てNISA」を始...

 

ここから先は、実際に金融機関変更の手続きにいったときの体験談となります😊

 

現在の住所と一致しない「通知カード」は無効。マイナンバーカードを作成するか個人番号が記載された住民票が必要でした

マイナンバーカードを作成していなくて、現在の住所と一致しない「通知カード」を所持中の方は、住民票が必要。

✽「マイナンバーカード」を作成後に改めて手続きにいくか、住民票に「個人番号(マイナンバー)」を記載したものを持参する

 

NISA口座の金融機関変更は「本人」しか手続きができません。夫は有給をとり、自宅から車で約30分のところにある「ゆうちょ銀行」へ行ってきました。

必要な物もそろえ、準備万端で挑んだ廃止手続きだったけど、スタート段階でつまづくことに。。。

 

 

受付の方に「NISA口座の廃止手続き」に来たことを伝えてから5分ほど待つと、投資担当の方が声をかけてきて「通帳」を渡しました。

更に5分ほど経過後、席に案内されました。

 

まず、「本人確認書類(免許証)」提示。

次に、「マイナンバーカード」の提示を求められたので、「通知カード」しか持っていないことを伝えました。

 

そしたら、担当の方から驚きの発言が…

担当「通知カードでは手続きができない」

( ;∀;)エ””””ッ イマ ナントイイマシタッ?

 

後から調べてわかったのですが、

法律の改正で、

2020年5月25日(令和2年)以降に、名前や住所が変わった方は通知カードの記載情報を変更することができなくなっていました。

つまり

住民票の「氏名」や「住所」が変更された時点で、手元にある通知カードはマイナンバーの証明書として使用できません。

通知カードの記載情報に変更がない人は、引き続き証明書として使えますよ

 

↓下記のサイトがわかりやすかったです。

 5月25日(月曜日)以降に、お引越し等で氏名・住所等が変更した場合、通知カードには新しい氏名・住所等を記載することができず、マイナンバーカードを作成するか、マイナンバーが記載された住民票・住民票記載事項証明書をお取りになり、マイナンバーの証明として使用することになります。

引用元:通知カードの発行、再発行、氏名・住所等の書き換えの手続きの受付は、令和2年5月22日(金曜日)をもって終了しました|小平市

 

また出直すのも大変な距離なんで、ちょっと食い気味に、どうしても必要なのか聞いたけれど

どうしても通知カードじゃダメの一点張りでした。(。-∀-)フー

 

というわけで、個人番号(マイナンバー)が記載された「住民票」を取得するため役場へ行くことになりました。

 

マイナンバーカードを作成予定の方へ

マイナンバーカードは、申込みをしてからカードが手元に届くまで約1ヶ月ほど時間がかかります。

住民票を発行してもらう際に、ついでに「マイナンバーカード」を申込してきました

 

 

住民票に個人番号(マイナンバー)を記載して発行してもらう

役場で個人番号(マイナンバー)が記載された住民票を発行してもらいました。

 

住民票に個人番号(マイナンバー)を載せる場合、

申請書の「必要な項目」で、個人番号(又はマイナンバー)と記入します。

わたしの住んでいる役場では、申請書に「個人番号」の項目が用意されていて、チェックをいれるだけでOKでした

 

 

NISA口座の金融機関変更手続きを行いました

書類に記入する女性

個人番号(マイナンバー)記載の「住民票」を持って、再び「ゆうちょ銀行」へ😊

以下の3つの手続きを行ってきました。

  1. 住所変更の手続き
  2. 投資信託口座保有店(NISA口座を開設した郵便局)を引越先のゆうちょ銀行へ変更する手続き
  3. NISA口座の金融機関変更の手続き(解約)

所要時間は約16分です(。-∀-)

 

手続きの内容は、

ゆうちょ銀行から渡された用紙に、ひたすら「名前」「住所」「電話番号」「生年月日」「通帳番号」を記入する

というものでした。

 

私たちは引越をした土地で手続きを行ったため、「住所変更」、「投資信託口座保有店の変更」の手続きも必要でした。

「NISA口座の解約(廃止手続き)」のみだったら、16分もかからないと思います。

 

NISA口座の解約手続きの際に、

通常口座に付帯してある「投資信託機能」「源泉徴収機能」も希望すれば外すことができます。

私たちは、「NISA機能」だけを解約して外しました

 

 

NISA口座の金融機関変更の手続きが終了すると書類が届きます

金融機関変更の手続き後、約2週間程で書類が手元に届く予定です。

ゆうちょ銀行のHPには、”手続きから1週間後に書類が届く”と記載されてますが、実際はもう少し時間がかかるようです。

手続き後に届く「書類」は、新しい金融機関でNISA口座を開設するときに必要です

 

投資信託口座保有店の変更とNISA口座の廃止手続きについて

ちなみに、「住所変更」と下記の手続きは

  • 投資信託口座保有店の変更
  • NISA口座の廃止手続き

同じ日に実行できないため、翌営業日に持ち越しとなりました。

NISA口座の解約終了後に受け取る「投資信託総合取引解約申込書(お客さま控)」は、ゆうちょ銀行の翌々営業日に簡易書留で自宅に届きました。

投資信託総合取引解約申込書(お客さま控)は「非課税口座廃止届出書(お客さま控)」のことです。

 

また、ハガキで「投資信託お取引店・口座変更のお知らせ」が届きました。

 

簡易書留の受け取り方

「簡易書留」は、2通(わたし、夫)届きました。

簡易書留の場合、本人じゃなくても受け取ることが可能です😊

受取った方の「フルネーム」を署名すれば受取れます。

 

まとめ:NISA口座の金融機関変更の手続きの流れ、持っていくもの

 

NISA口座を開設した「ゆうちょ銀行(または郵便局)」へ行く

※引越された方は、新居住地の「投資信託サービス」を扱っている「ゆうちょ銀行(または郵便局)へ行く

必要な持ちもの
  • NISA口座
  • お届け印
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード又は「通知カード)
マイナンバーカードを所持しておらず「通知カード」と住民票の記載内容が一致しない方は、「個人番号(マイナンバー)が記載された住民票」を持参する

手続き内容

所要時間 5~10分程度

「非課税口座廃止届出書」に住所、名前、生年月日、通帳番号を記入する

1~2週間後に「書類」が自宅に届く

新しい金融機関でNISA口座を開設できる

以上、NISA口座の金融機関変更の流れになります。