パソコン・スマホ

【Windows10】ファイルの拡張子を表示/非表示をする方法を紹介します

Windows10でファイルの「拡張子」を表示する方法を知りたいっ!

ファイル名の後ろに拡張子があれば、どんなファイルか一目瞭然です。

ファイル名.拡張子

例えば画像ファイル「jpeg」「png」を見分けたいときとかね。

拡張子を表示させておけばjpegファイルは「〇〇.jpg」、pngファイルは「〇〇.png」と表示されるようになります。

 

そんなわけで今日は、

今日はWindows10を使っているアナタに「「拡張子」の表示/非表示をする方法」を紹介していきます。

 

 

エクスプローラーから拡張子の表示(非表示)の設定ができる

Win10では画面下の「タスクバー」にある”フォルダ”みたいなアイコン「エクスプローラー」から拡張子の表示設定ができます。

拡張子の表示設定
  1. 画面下の「タスクバー」にある「エクスプローラー」をクリックします。
  2. エクスプローラー画面が開いたら、「表示」タブをクリックします。
  3. 表示」タブの下にメニューが現れますので「ファイル名拡張子」にチェックをいれます。

これだけです。

ファイル名の後ろに「拡張子」が表示されているので確認してくださいね。

拡張子を非表示にするには

上記の手順③で、「ファイル名拡張子」のチェックをはずします。

 

 




エクスプローラーが見当たらない

もしも、画面下のタスクバーに「エクスプローラー」がないときは、

「Windowsシステムツール」フォルダの中に「エクスプローラ―」

がありますよ。

 

エクスプローラーの見つけ方
  1. 画面下の左端にある「スタート」アイコンをクリックします。
  2. 【W】の欄にある「Windowsシステムツール」フォルダをクリックします。
  3. エクスプローラー」アイコン発見!!

見つかりましたか?

「エクスプローラー」はよく使うアイテムなので「スタート」や「タスクバー」にピン留めしておけば瞬時にアクセスできるようになりますよ。

 

終わりに

今日は「Windows10でファイルの拡張子を表示/非表示する方法」を紹介しました。

 

手順のおさらい
  1. 「エクスプローラー」を開く
  2. 「表示」タブをクリックする
  3. 表示させたい時は、「ファイル名拡張子」にチェックをいれる
  4. 非表示にしたい時は、「ファイル名拡張子」にチェックをはずす

 

どんなファイルか一目でわかるようになりますね♪