ブログ運営

Xドメインの更新で気をつけたい「利用期限」と「支払期限」の違い

「エックスドメイン」の更新時期が近づいてきた

これからも「エックスドメイン」を使う予定

上記にあてはまるアナタへ

 

Xドメインの更新手続きは

利用期限日の「1か月前」まで

って知ってましたか?

 

わたしは危うく支払い期限日の前日に、「利用期限日」と「支払期限日」が違う事実を知ることになりました。

 

ギリギリのタイミングで「Xドメイン」からメールでお知らせが届きました。
できれば前日の知らせじゃなく3~4日前だと嬉しいなぁ

 

そんなわけで今日は

この記事でわかること
  1. 利用期限日と支払期限日の違い
  2. 自動更新のこと
  3. 更新する方法

を紹介していきます。

 

 

【Xdomain】「利用期限日」と「支払い期限日」は別物である

まず「エックスドメイン」から送られてきたメールを見てほしい。

アドレス:support@xserver.ne.jp

件名:【エックスドメイン】■重要■ドメイン更新期限に関するお知らせ(〇〇.com)

────────────────────
■対象ドメインに関する情報

【ドメイン名】: 〇〇.com
【利用期限日】: 2020年3月18日
【支払期限日】: 2020年2月18日

────────────────────
ドメインの支払期限日は、ご利用期限日の「1ヶ月前」となっております。
引き続きご利用を希望される場合は、【2020年2月18日まで】に、更新手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

 

新規取得した日が「2019年3月18日」

利用期限日 ドメイン取得日から1年後

支払期限日 利用期限の1ヶ月前

上記のメールを見てわかるように

「これからもXドメインを使おうっ」と更新を望む場合、利用期限の1ヶ月前(支払期限)までに支払いをしなければいけない。

 

ちなみに更新のお知らせメールは、利用期限日の1ヶ月前、2か月前、3か月前にメールで届くようになっています。

ご利用期限の【1ヶ月前】【2ヶ月前】【3ヶ月前】にそれぞれ、ご登録メールアドレス宛に更新のご連絡を送信いたします。

引用元:エックスドメインQ&A「独自ドメイン・SSL証明書の場合」より

 

そんなに来てたっけ?とメールを確認してみると確かに「エックスドメイン」から届いていた。

  • 2020年02月17日
  • 2020年01月18日
  • 2019年12月19日

日にちは統一されていないけど、メールの中身は一緒でした。

 




【Xdomain】更新は「Xserverアカウント」からできますよ

Xdomainの更新は、「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」からから手続きできる

Xdomain ⇒ ログイン

更新手順
  1. 「Xserverアカウント」にログインする
  2. 左サイドメニューにある料金のお支払い/請求書発行をクリックする
  3. 更新したい[ドメイン]にチェックをいれる
  4. [更新期間]をプルダウンから選ぶ
  5. お支払い方法を選択ボタンをクリックする
  6. 支払いする
    ▶支払方法は「クレジットカード払い」「銀行振込」「コンビニ払い」「ペイジー払い」の4つ
クレカ払いだと5%還元されますよ!

※エックスサーバーは「キャッシュレス・ポイント還元事業」の加盟店

銀行振込は手数料が発生するので、「クレジットカード」「コンビニ」「ペイジー」払いがおすすめです。

 

クレカ払いだと5%戻ってくるー

エックスサーバーは「キャッシュレス・ポイント還元事業」の加盟店なので、クレジットカード払いだと支払い金額の5%が還元されます。

対象カード

VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス

 

還元される時期は各カード会社によって異なります。

ちなみに楽天カードの場合は、利用した月の翌々月25日頃に楽天スーパーポイントで還元されるみたいです。

.com = 1,298円(1年)

だったので、切り捨てだと「64ポイント」戻る計算になります。

 

 

自動更新サービスもあるんだけど、事前に「設定」しておかないといけません

エックスドメインは、更新をうっかり忘れてしまう人の為に「自動更新」が用意されています。

自動更新の設定ができる対象者は「クレカ払い」の人になります。

設定しておくと、1年ごとに自動更新されます

 

でで、ここで注意したいのが

自動更新を希望する人は、

Xserverアカウントにログインして、「自動更新の設定」をしないと「自動更新が有効にならない」ということです。

 

わたしはてっきり何も設定しなくても、ドメインを解約しない限り勝手に自動更新されるものだと勘違いしてました…。早く気づけてよかったです。

エックスドメインの「自動更新」の設定は

「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」

からできるようになっています。

Xdomain ⇒ ログイン ⇒ 左サイドメニューのカード自動更新設定

 




支払い期限を過ぎてしまった人の救済措置もある

調べてみると、支払い期限を過ぎてしまった人のための救済措置がありました。

ドメインの種類によって異なるようです。

支払い期限を過ぎましたが、まだ支払いは間に合いますか?

ドメインの利用期限日から1ヶ月前を支払期限としております。
期限を経過した場合のお支払いおよび更新可否は、ドメインの種類により異なります。

▼JPドメイン以外(.com / .net / .org など)の場合
該当ドメインの利用期限日までに、Xserverアカウント内「料金のお支払い/請求書発行」より、該当ドメインの更新手続きを行ってください。

 

▼.jp / 都道府県.jp / ne.jp / co.jp / gr.jp / or.jp / ac.jp / ed.jp の場合
該当ドメインの利用期限日より5日前までに、Xserverアカウント内「料金のお支払い/請求書発行」より、該当ドメインの更新手続きを行ってください。

なお、以上の期日までにお支払いがない場合、該当ドメインは失効し、継続して利用することはできません。
詳細は、マニュアル「失効ドメイン復旧」をご参照ください。

引用:XSERVER よくある質問「お支払いについて」

 

 

 

終わりに

今日は

  • エックスドメインの更新手続きで注意したいこと
  • 更新方法

を紹介しました。

 

「ドメインの更新」する際のポイント
  1. 利用期限の1ヶ月前に支払いをすませる
  2. 自動更新サービスがあるけど、設定しないと「有効」にならない
  3. 更新手続きは「Xserverアカウント(旧インフォパネル)からできる

 

おまけ

今回「楽天カード」で決済したんですが、[カードでお支払い(確定)]ボタンを押した後に

3Dセキュア(クレジットカード本人認証サービス)の画面がでてきませんでした。

ネットでお買い物する際(DMM・ソースネクスト・おさいふケータイにEdyチャージ)は、必ず出てきてたのになぁ。

XSERVER公式で確認すると決済時に「3Dセキュア」がでる仕様になってるみたいですね。

ちょっと不安になって支払った後に、「証明書」と「https」になっているかを確認しました。

本当は支払い前に確認したほうがいいんですけどね(汗)

その後…

ドメインの更新手続きも出来てるし、楽天カードの利用明細も金額に間違いなかったです。たまたま3Dセキュアが発動しなかったのかもと思うことにします。

 

ではでは~