お役立ち

楽天銀行デビットカードから キャッシュカードのみ に変更する方法

楽天銀行の申込みの時に『楽天銀行デビットカード』をつくったけど、何も付いてない『キャッシュカードのみ』に変更したい

つい先日「楽天銀行」の口座を開設しました。

申し込みの時によく読んでなくて、楽天銀行のキャッシュカードは「デビット機能付き」か「クレジットカードと一体化」しか選べないのかと思ってました。

わたしが口座を開設した後に、夫も楽天銀行の口座を開設することになりました。その時に「キャッシュカードのみ」が存在することを知りました。(夫の申込みのときは、間違いがないように慎重にやりました)

Q&Aみてもよくわからなかったので、チャットから問い合わせをして方法を聞きました。

チャットの問い合わせができるのは助かります。
知りたいと思ったらすぐに尋ねることができるのは便利ですね。

そんなわけで、今回は「デビット機能付きキャッシュカード」から「キャッシュカードのみ」に変更する方法を紹介します。

 

STEP1 楽天デビットカードを解約する

「キャッシュカードのみ」のカードにする場合は、まず「デビット機能付きキャッシュカード」の解約をします。

 

『楽天銀行アプリ』から手続きする方法を紹介します。

  • STEP01
    楽天銀行アプリを起動してログインする

    楽天銀行アプリを開いてログインします。

    ログイン方法は下記の2つです。

    • ログインパスワードとパスワード(英数字混在)を入力
    • 指紋認証

     

    わたしはスマホからなら指紋認証でログインしてます

     

  • STEP03
    メニューを開いて、カードをタップする
    1. 画面上部にある[メニュー]をタップします
    2. [カード]をタップします

     

  • STEP04
    カード紛失・盗難にあったかたはこちらをタップする

    「カード利用状況・お申込」ページに移動します。

    下にスクロールしていくと「カード紛失・盗難にあったかたはこちら」があるのでタップしてください。

  • STEP05
    手続きの流れ

    手続きの流れは下記の通りです。

    1. カードの選択
    2. 紛失・盗難・解約状況の入力
    3. 入力内容の確認
    4. 手続き完了

     

  • STEP06
    カードを選択する

    デビットカードにチェックをいれて、「紛失・盗難状況の入力に進む」をタップします。

  • STEP07
    必要事項を入力していきます

     

    下記の画像を参考に必要事項に入力していってください。

     

    • 状況:その他
    • 発生場所:その他
    • 状況説明:退会したい

     

    • 発生日:手続きしている日にち
    • 発生時間:手続きしている時の時間
    • 警察への届出:届出末済

     

    • 緊急連絡先:楽天銀行に登録している電話番号

    これで必要事項の入力が終わりました。

    入力内容を確認する」をタップしてください。

     

  • STEP08
    暗証番号を入力する
    1. 入力内容を確認して、間違いがなければ「暗証番号(数字)」を入力します
    2. カード紛失・盗難の届出を行う」をタップします

     

  • STEP09
    デビットカード付きキャッシュカードの解約手続き完了

    デビットカード付きキャッシュカードの解約手続きが終わりました。

 

楽天銀行からメールが送られてきます

楽天銀行デビットカードの手続きが完了したら、楽天銀行からメールが届きます。

楽天銀行株式会社 

アドレス:service@ac.rakuten-bank.co.jp

件名:楽天銀行からのお知らせ[楽天銀行デビットカード(JCB)を利用停止しました]

 




STEP2 キャッシュカードのみを申し込む

「キャッシュカードのみ」を申し込みをしていきます。

  • STEP01
    新たにキャッシュカードを申込む

    楽天銀行デビットカードを解約手続き完了した直後のページの「カード利用状況・お申込へ」をタップするとカードの申込みページへ移動します。

    もしページを閉じてしまった場合は、

    [メニュー]を開いたあとに「カード」をタップします。

  • STEP02
    カードの一覧を見るをタップする

     

  • STEP03
    つくりたいキャッシュカードを探します

    新たに申込みができるカードの種類は

    • 楽天銀行パンダ デビットカード(JCB)
    • 楽天銀行デビットカード(JCB)
    • 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
    • 楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)
    • 楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)
    • 楽天銀行カード(クレジットカード機能付き)
    • 楽天銀行キャッシュカード(キャッシュカードのみ

    ※プリペイドカードの申込みができますが、キャッシュカード機能は付いていないのではぶいてます

    キャッシュカードのみ以外のカードを申し込む場合は「再発行手数料」が発生する場合があります

     

  • STEP04
    楽天銀行キャッシュカードを申込む

    「キャッシュカードのみ(楽天銀行キャッシュカード)」は、”各種カード申し込み”ページの一番下にあります。

    楽天銀行キャッシュカードにある「このカードを申込む」をタップします

  • STEP04
    住所の間違いがないか確認する

    カードは楽天銀行に登録した住所に「転送不要」で簡易書留で送られてきます。(簡易書留)

    登録した「住所」以外では受け取ることができません。

    もしも登録した住所と現在の住まいが違う場合は、先に住所変更の手続きを行う必要があります。

  • STEP04
    暗証番号を入力して申込む

    申し込み内容を確認のうえ、間違いがなければ暗証番号(数字のみ)を入力して「キャッシュカード規定に同意して申し込む」をタップします。

 

楽天銀行からメールが送られてきます

楽天銀行キャッシュカードの手続きが完了したら、楽天銀行からメールが届きます。

楽天銀行株式会社 

アドレス:service@ac.rakuten-bank.co.jp

件名:楽天銀行からのお知らせ[楽天銀行キャッシュカード お届けに関するご案内]

 

デビット機能付きキャッシュカード解約の注意事項

カードをデビット機能付きやクレジット機能付きに再申込みした場合は、カード番号が変更となります。

携帯電話料金や電気代などの自動引落し設定を行っているかたは、自分から加盟店に連絡して変更手続きを行う必要があります。

 

『カード紛失・盗難のお届け』より解約する方法は、キャッシュ機能とデビット機能が停止します。
デビット機能のみ停止したい場合は、楽天銀行カスタマーセンターへ電話で連絡します。

デビッド機能付きキャッシュカードを解約した後に再度キャッシュカードを申し込む場合は、自分から申し込みをしないといけません。

継続的な決済が発生する店で、楽天銀行デビッドカードを利用していた場合は、自分で加盟店に連絡して契約の解約をしなければいけません。
デビットカードの解約手続きをしても、加盟店との契約を解約しない限り、加盟店からの請求が引き続き行われます。(=楽天銀行口座から引落しが行われる)
※残高不足の際は、楽天銀行より不足分の請求がきます。

 

 

カードの停止(紛失・盗難・解約)のお届け後は、カードが利用できなくなります。
カードの停止手続き後に、カードの申込みが可能になります。

 

楽天銀行キャッシュカード(イーバンクキャッシュカード)の利用停止後、「デビット機能付キャッシュカード(イーバンクマネーカードを含む)および「クレジット一体型キャッシュカード」を持っている場合には「楽天銀行キャッシュカード」の再申込みはできません。

 

プリペイドカードを紛失・盗難された場合、バリュー残高を再申込プリペイドカードに移行して送ります。
なお、プリペイドカードを再申込みした場合は、会員(カード)番号が変更されます。

紛失・盗難以外の理由でカードを停止する場合は、各提携カード会社への連絡は不要です。

 

 




暗証番号を忘れた人は楽天銀行カスタマーセンターに連絡する

楽天銀行デビットカードの解約手続きの最後に「暗証番号」が必要になります。

暗証番号を忘れてしまった人は「楽天銀行カスタマーセンター」へ電話してください。

 

年末年始を除く

9:00~17:00

 

個人口座専用窓口

0120-776-910
(通話料無料)

 

携帯電話・PHS等からは

0570-064-924
(通話料有料)

 

国際電話をご利用の場合は

03-6832-2255
(通話料有料)

 

 

楽天銀行キャッシュカードはいつ届く?

楽天銀行デビットカードを解約後、「楽天銀行キャッシュカード」は9月5日(木)夕方に申し込みをして9月13日(金)午前中に届きました。

熊本県だと約8日で手元に届くようです。

簡易書留郵便なので、ポストに投函されず“郵便配達員さんの手渡し”になります。

本人ではなく家族でも受取可能です