パソコン・スマホ

Windows10でスクリーンセーバーを設定する方法

Windows10でスクリーンセーバーを設定する方法が知りたい

今日は、上記のようなお悩みを抱えている方へスクリーンセーバーの設定方法を紹介します。

 

それにしても、Windows10って設定わかりにくいですね;慣れるまで時間がかかりそうです。

 

スクリーンセーバーの設定方法

STEP1

画面の左下にある[ スタート ]をクリックします

STEP2

[ 設定 ]をクリックします

STEP3

[ 個人用設定 ]をクリックします

STEP4

[ ロック画面 ]をクリックします

STEP5

「ロック画面」が表示されたら下へスクロールしていき、

[ スクリーンセーバー設定 ]をクリックします

STEP6

「スクリーンセーバーの設定」画面が別窓で立ち上がります。

[スクリーンセーバー(S)]の下をクリックしてスクリーンセーバーの種類を選びます。

今回は「3Dテキスト」を選んでみました。

STEP7

次は何分経過したらスクリーンセーバーになるようにするか決めます。

「待ち時間(W)」のところで、▲▼を押して好きな数字に変更してください。

変更が終わったら[ 適用 ]⇒[ OK ]の順にクリックします。

 

設定は以上です。

 

 




スクリーンセーバーの設定画面

スクリーンセーバーの種類

スクリーンセーバーの種類は全部で6つあります。

  • 3Dテキスト
  • バブル
  • ブランク
  • ラインアート
  • リボン
  • 写真

 

プレビュー

「プレビュー」をクリックすると、どのように表示されるのか確認できます。

※元の画面に戻りたいときは、マウスを動かすか、どこでもいいのでキーボードのボタンをクリックします。